玉木社長のホームページ
HOME バックナンバー プロフィール 福井キヤノン
おすすめリンク コラム希望 お問い合わせ 玉手箱

コラム
バックナンバー
以下のカテゴリがあります

 経営品質
 お役立ち
 情報玉手箱
 早稲田大学
 旅行・ゴルフ
 読書・映画
 マスコミなど掲載
 マンスリーレター


コラム希望
玉木洋のコラムは更新時にご案内のメールを配信しています
ご希望の方は下記へお申し込みください


  お申し込みフォーム

母校の誇りを支える「みどり葉会」の伝統
2006年4月19日

母校・福井県立高志高等学校同窓会の会長をつとめています。その会報へ寄稿させていただきました挨拶文です。会長職は、本年6月の総会にて、次年度会長へバトンタッチさせていただきます。卒業生の方々は、6月10日(土)フェニックス・プラザへご参集いただければ幸いです。こちらは、会報全部のPDFです。→【みどり葉会報PDF】

母校の誇りを支える「みどり葉会」の伝統

   みどり葉会会長 玉木 洋

 高志高校同窓会「みどり葉会」の会員の皆様には、ますますご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

 私達同窓生が母校を思い出すときに共通して脳裏に思い浮かぶのが「みどり葉」の校歌です。「をの子われ」、「乙女われ」と男女交互にパートを分かち合う特徴的なこの歌は戦後間もなく発足した男女共学の新風を伝える高志高校にふさわしい校歌であり、卒業後何年たっても忘れない思い出の歌です。昨年6月に開催されました同窓会総会の懇親会では、現役在校生と同窓生が一体となったハーモニーの四部合唱を聴かせていただき、あらためて感動しました。

 さて、昭和55年から25年間にわたって続いてきた県立高校の学区制が廃止になり、平成16年度からは新たな枠組みでの入試選抜になりました。高志高校の人気は上々のようで、高い倍率にもかかわらず志望者が増え続けています。この理由には、長年の教員の方々の教育指導の積み重ねによる県下最高レベルの進学高校としての評価がベースになっていることに加えて、活発な部活動や「みどり葉」の伝統的に自由闊達で伸びやかな校風によるものも大きいものと思われます。さらに、同窓会の皆様による各界でのご活躍が母校の伝統を確たるものにしてこられた賜物ではないかと信ずる次第です。

 一昨年(2005年)10月20日号のニューズ・ウィーク誌で取り上げられた「世界が尊敬する日本人百人」に、昭和天皇、夏目漱石、新渡戸稲造、イチロー、中田英寿、盛田昭夫氏らとともに本校卒業生の川崎和男氏(第18回卒)が唯一人の福井県出身者としてリストアップされていました。川崎氏は、本校卒業後に金沢美術工芸大学へ進学し、大手家電メーカーへ工業デザイナーとして就職しました。その後の交通事故で車椅子生活を余儀なくされながらも、県内の伝統工芸に新しい息吹を送り、車椅子のデザインなどで数々の世界的なデザイン賞を受賞する活躍を経て、グッドデザイン賞の審査委員長を努めました。人工心臓の研究で医学博士号も取得しました。本年、名古屋市立大学大学院・教授から大阪大学大学院・教授に移籍して、「デザイン理工学」と「デザイン医工学」の新分野を開拓します。

 高志高校は、文部科学省からも本県初のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けるなど、国レベルでも科学人材育成の期待を受けるに足る立派な高校との認識が高まってきています。時代が大きく変わり、公立学校といえどもその特色を活かした教育や学校経営が求められる時代となり、母校はその期待に応える成果を導き出し続けてきています。高志高校は、県立高校ではありますが、その構成では教職員と県下最大数の生徒とそのPTA、そして同窓会であり、今後とも県内高等学校のリーダーとして発展してゆくためには、義務教育機関とは異なった次元で同窓会の役割の比重を高めることが重要になってくるものと思われます。

 生徒諸君が次の時代をリードする人物として育ってゆくことを願って同窓会は更に母校を支援してまいりたいと考えています。「みどり葉会」会員の皆様には、なお一層のご支援・ご協力をお願い申し上げるとともに、この同窓会活動を楽しみながら人間ネットワークを広げていただければ幸いです。

 本年6月10日(土)に西浦和男実行委員長のもと第27回卒担当で「みどり葉総会」が開催されます。多数の会員のご参加とご協力をお願い申し上げます。

福井県立高志高等学校のHP→ http://www.koshi-h.ed.jp/

 Kazuo KAWASAKI Prof. Ph.D.
 教授・医学博士
 大阪大学大学院 工学研究科
 川崎和男先端デザイン研究室

 阪大・コミュニケーションデザインセンター・デザインディレクター
 阪大・フロンティア研究センター・デザインディレクター
 阪大・未来医療センター・デザインディレクター

 名古屋市立大学大学院・名誉教授 多摩美術大学・客員教授

 平成19年4月・「第27回日本医学会総会・2007大阪」
 企画委員・統括総合デザインディレクターを務めさせていただきます。

テーマ「健康・生活とデザイン」(仮)
川崎和男 阪大大学院教授 講演会開催

■ 日 時:平成18年4月22日(土)14:00〜16:00
■ 場 所:文化の館 多目的ホール(2F)
    鯖江市水落町2-25-28 TEL:0778-52-0089
■ 入場料:無料(申し込みが必要です)
■ 語る会:講演後 文化の館 西会議室(参加自由)
■ 主 催:特定非営利活動法人 SDwave(エスディウェーブ)
■ お申し込み・お問い合わせ:
     SDwave事務局 橋本(palette_design@yahoo.co.jp)



玉木 洋 (たまき よう)
福井キヤノン事務機株式会社 代表取締役社長
福井県経営品質協議会 代表幹事
経営品質協議会 認定セルフアセッサー
〒918-8204 福井県福井市南四ッ居2-1-4
TEL:0776-54-6666 /FAX:0776-53-5884(直通)
ご意見はこちらまで